飯田グループホールディングスの不動産・住宅購入をサポートします

新築一戸建ての物件見学へ行こう!

インターネットで目にして興味を持った新築一戸建て。「即購入!」といきたいところですが、画面越しに見るだけでは、細かな部分まで確認することはできません。そのため、新築一戸建てを購入する際は事前に物件見学へ足を運ぶことが大切です。

そこでこのページでは、新築一戸建てに焦点を当て、物件見学へ行く際のポイントをご紹介します。

一戸建ての種類に合わせた物件見学

一戸建ては、注文住宅と建売住宅の2つに分けることができます。また、物件見学の種類も複数あります。では、注文住宅と建売住宅、それぞれに合った物件見学の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

・注文住宅を購入する場合

注文住宅の場合は、まず建築予定地を見学します。このとき確認しておくべきポイントには、日当たりや風通し、交通量などがあげられます。また、最寄駅はあるか、近辺に病院はあるかなど、利便性の確認も怠らないようにしましょう。

そして、住宅展示場(モデルハウス)や住宅見学会(オープンハウス)に行ったり、セミナーまたは相談会に参加したりすることもおすすめします。その理由は、住宅展示場・住宅見学会で間取りや設備などを確認し、セミナー・相談会で疑問などを解消することで、マイホームのイメージが固めやすくなるためです。

住宅展示場では、複数の建築会社のメリット・デメリットを把握でき、かつ会社同士を比較することができます。住宅見学会では、間取りやプランニングなど家づくりに役立つ知識を身に付けることが可能です。そしてセミナーや相談会では、資金面など新築一戸建ての購入に関する悩みを解消することができます。このように、それぞれに異なるメリットがあるため、ひとつに絞るのではなく複数の物件見学に参加するようにしましょう。

・建売住宅を購入する場合

建売住宅の場合は、分譲ハウスの展示会へ行くことをおすすめします。その理由は、自らの住まいとなり得る物件を間近で確認することができるためです。

分譲ハウスの展示会では、物件の周辺環境を確認すると同時に、物件内の細かな部分をチェックしておくことが大切です。周辺環境を確認する際のチェックポイントには、近くにスーパーや病院はあるかなどがあげられます。物件内の細かな部分を確認する際のチェックポイントには、台所の蛇口に異常はないか、水漏れはしていないか、ドアの開閉具合はどうかなどがあります。また、小さな子どもがいる家庭の場合は、段差の有無などトラブルの引き金になりそうな箇所のチェックも徹底しましょう。

建売住宅の場合、実際に見学している新築一戸建てを住まいとする可能性が十分あり得ます。そのため、物件の隅々までしっかりと確認することが大切です。このときカギになるのは、一切の妥協を捨てること。外観や内装、設備ともに満足できる新築一戸建てかどうかを見極めましょう。

物件見学で失敗しないためのポイント

物件見学で失敗しないためにも、以下で紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。

・周辺の環境チェックを忘れずに

物件見学では、ただ物件をチェックするだけでなく、周辺の環境にも目を向けることが大切です。

物件見学の際は、できるだけ徒歩で移動することを心がけ、最寄駅までの距離や時間などを確認しましょう。近辺に公共施設があるかどうかも重要なチェックポイントのひとつです。また、近隣の住人に周辺の雰囲気を尋ねることも得策といえます。しっかり時間をかけて情報を収集しましょう。

このほか、安全性が確保されているかどうかも確認すべきポイントです。物件周辺の街頭の数をチェックしたり、近くに交番などがあるかを調べたりしておくとよいといえます。

・家の耐久性や耐震性のチェックも忘れずに

新築一戸建てに長く住み続けることを考えると、地盤や工法、耐震性なども確認しておくべき点といえます。

地盤の強度などは、不動産会社のスタッフに質問することをおすすめします。このとき、自身が納得できるまで尋ねることが大切です。工法に関しては、木造軸組工法や2×4(ツーバーフォー)工法などがあり、各工法により特徴が異なるため、対象の物件に採用されている工法はどのようなものか予め確認するようにしましょう。耐震性は工法により変わってくるため、工法と併せて確認することをおすすめします。

このほかにも、柱の太さや家の素材、外観・内装など、確認すべき点はさまざま。気になることがある場合は、迷わず不動産会社のスタッフに尋ねましょう。

・持っていくべき七つ道具

物件見学の際に持参すべき道具には、以下の7つがあげられます。

  • 1.メジャー
  • 2.地図
  • 3.懐中電灯
  • 4.カメラ
  • 5.図面のコピー
  • 6.メモ帳とペン
  • 7.チェックする条件をまとめたチェックリスト

メジャーは室内の広さ、くわえて既存・新規の家具が設置できるかを確認する際に活用できます。
地図は、現地の状況を確認・把握するために必要です。懐中電灯は、室内の隅々を確認する際に役立ちます。そしてカメラがあれば、内装や外観の状態を鮮明に残すことが可能です。

新築一戸建ては勢いに任せて購入しない

いかがでしたか。新築一戸建ての購入は、快適な生活を送るための第一歩。そのため、外観や内装はもちろん、設備や周辺環境において自身が満足できるかどうかを見極めることが大切です。今回ご紹介したポイントを参考に、物件見学にてお気に入りの新築一戸建てを探しましょう。

ピックアップ!

PICK UP!

購入者インタビュー

INTERVIEW

インフォメーション

INFORMATION

資産売却

ASSET SALES

地図検索アプリ

MAP SEARCH APRICATION

購入ガイド

GUIDE

スマートフォン

SMARTPHONE
スマートフォンはこちらから

営業社員募集

RECRUIT

飯田グループホールディングス グループ会社

GROUP COMPANY